本文へスキップ

TEL. 03-3425-2808

〒156-0052 東京都世田谷区経堂5-38-9


骨髄異形成症候群(MDS)の基礎知識
【myelodysplastic syndromes : MDS】

  • 造血幹細胞(骨髄で血液細胞を生み出す細胞)に異常が生じて形がいびつな血液細胞が
    作られること(異形成)と、 正常な血液細胞(赤血球、白血球、血小板)の数が減少することを
    特徴とする病気です。
赤血球が減少すると…
貧血、めまい、だるさ、動悸、息切れなどの症状が出る。
白血球が減少すると…
感染が起こりやすくなり、発熱を伴う
血小板が減少すると…
血が止まりにくくなる、出血しやすくなる
 
  • このような症状が発生するほか、骨髄異形成症候群の患者さんのおよそ3割は、未熟な
    血液細胞(芽球)が増加して、急性骨髄性白血病(AML)に移行することが知られています。

Point ポイント

●骨髄異形成症候群は血球減少を示すことが多く、経過中に急性骨髄性白血病への移行もあります。



骨髄異形成症候群(MDS)の発症

  • MDSは明確な発症原因がない一次性MDSが多数を占めおり、そのほかに、他の悪性腫瘍に対する
    抗がん剤治療や放射線治療の後(1〜10年後)に起きる治療関連性MDSがあります。

    老化現象、化学物質、放射線などにより造血幹細胞の遺伝子に傷がついて
    異常な造血幹細胞となり、MDSが発症するのではないかと考えられています。
  • 全MDS症例の10%内外が治療関連性MDSとされており、悪性リンパ腫の治療後の
    例が多く、血液疾患の治療後や、固形がんの治療後にもみられています。
  • MDSは高齢者に好発し、診断時の平均年齢は70歳前後となっています。
    欧州の調査では、MDSの発症頻度は人口10万人当たり約3〜12人/年で、
    70歳以上の年齢層では急激に増加し20〜50人/年を超しており、米国の調査では
    65歳以上の年齢層では人口10万人当たり75人/年の発症数が確認されました。

    高齢化が進んでいる日本で米国の発症頻度を適用すると毎年2万人以上のMDS患者が
    新たに発症していることとなり、高齢化社会ではきわめて重要な疾患であることがわかります。

Point ポイント
●発症原因の不明なものと、抗がん剤や放射線療法に続発するものがあります。
●骨髄異形成症候群(MDS)は高齢者に好発し、MDS患者中の割合も多いです。

次ページへ:骨髄異形成症候群の診断